【自動車コース】3年生実習

  • NEW
  • 学校案内

【自動車コース】3年生実習

今回は3年生の実習授業風景を紹介します!

現在、故障探求1という実習授業をしています。
配線図を見ながらテスター片手に故障診断しながら、
不良個所を発見していきます。

1.エンジンを始動すると、エンジンが掛かったと思って
アクセルを踏み込むとエンジンが止まってしまいます。
写真のようにメーターを見ながら症状を確認します。

2.車両はスズキのワゴンRという車で、車両にSDT2という診断機を取り付け確認します。
写真は車両につないだ状況でパソコンの画面を見ながら、診断していく様子です。

故障内容を見ながら不具合個所を推測し、
下の写真の配線図を見て測定する場所を確認。

その後、車両のコンピュータの電圧を測定し、不具合個所を洗出します。
その結果、今回はエアフロメーター(エンジンに入る吸入空気の量を測定しているセンサ)の
不良によりエンジンの調子が悪くなったいることを判断し故障診断は終了です。

色々な不具合を解決しながら作業を覚えています。
難しい作業も多いですが、これからも頑張りましょうね!!!!

一覧へ戻る

分野一覧

大原学園をもっと知る

キャリア就職 学費サポートプログラム 資料請求 CAMPUS LIFE 高校生向け公務員講習 個別相談 かんたん願書作成

大原学園九州各校

福岡校 小倉校 八幡校 大分校 熊本校
  • オープンキャンパス
  • セミナー・講習会日程一覧
  • 資料請求