【自動車コース】自動車ガラスについての実習

  • NEW
  • 学校案内

【自動車コース】自動車ガラスについての実習

今回は、2月21日の1・3年生 ガラス授業風景をご紹介!

ガラスの種類によって割れ方が違うということを、
実際のガラスを割ってが体験をしました。

まずは、強化ガラスと呼ばれる自動車のサイドガラスを割ってみました。

サイドガラスは、ガラスが粒状に細かく割れました。
サイドガラスは、特殊加工を施し、強化層を持たせたもので、
一般のガラスより強度が3~5倍大きくなります!

また、ガラスの破片が細かくなることで飛散しにくくなるので、
事故をしたときなどに体に与える障害を小さくできるという特徴を持っています!


次に、合わせガラスと呼ばれる自動車のフロントガラスを割ってみました。

フロントガラスは、ひび割れを起こしましたが、破片が飛散することはありませんでした。
フロントガラスは、2枚のガラスの間にフィルムを挟んで接着しているので、
割れても破片が飛びちりにくく、
飛び石や接触事故などの前方からの衝撃に対して貫通しにくくなっています!
そして、割れたときに大きな破片となるため視野も確保できます!


見た目は同じガラスに見えますがこんなに大きな違いがあり、
学生も驚いていました!!

 

一覧へ戻る

分野一覧

大原学園をもっと知る

キャリア就職 就職サポートプログラム 資料請求 CAMPUS LIFE 個別相談 かんたん願書作成

大原学園九州各校

福岡校 小倉校 八幡校 大分校 熊本校
  • オープンキャンパス
  • セミナー・講習会日程一覧
  • 資料請求